• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • <
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦

ポイントランキング

2017-09-24
第14戦 アラゴンGP

モーターランド・アラゴン サーキット

路面:ドライ、気温:27度、観客:70,541人

マルケス、連勝
今季5勝目

 第14戦アラゴンGPは、ホームGPに闘志を燃やすM・マルケス(ホンダ)が、前戦サンマリノGPに続き2連勝を達成した。予選では転倒を喫して5番手グリッドだったが、好スタートを切ると、J・ロレンソ(ドゥカティ)、V・ロッシ(ヤマハ)、A・ドヴィツィオーゾ (ドゥカティ)らとトップグループを形成。6周目にドヴィツィオーゾ、12周目にロッシ、15周目にロレンソを抜いてトップに浮上すると、それからは後続との差を見ながら、23周のレースで真っ先にチェッカーを受けた。

 フリー走行と予選で2度の転倒も「朝のウォームアップで良い状態になった」と語るマルケス。しかし決勝では「どういうわけかまた思うように走れなくなった。でも、好きなサーキットだし、ホームGPなのでプッシュすることにした。今日はビニャーレスとドヴィツィオーゾもあまりいい走りが出来ていなかったので、アタックするときだと思った」と、チャンピオン争いをするライバルたちに先行、チャンピオンシップでもリードを広げることに成功した。  「後半、ホルヘを抜いてトップに立ったのだが、今度はダニが2番手に上がってきてプッシュしてきたので、今日は最後までペースを緩めることが出来なかった。いまはチャンピオンシップを考えるときだが、全力を尽くさなければならない。どのレースでも100%の走りをしたい」と、タイヤに厳しいレースで2連勝を達成、2年連続4回目のタイトル獲得に向けて一歩前進した。  これで今大会7位に終わった総合2番手のドヴィツィオーゾに16点差。総合3番手で4位に終わったビニャーレスに28点差をつけることに成功した。

 チームメートのD・ペドロサ(ホンダ)が素晴らしい追い上げを見せて2位でフィニッシュした。予選は6番手グリッド。序盤はビニャーレスをなかなか抜けず、トップグループの4台にリードを広げられた。そのビニャーレスをレース中盤の13周目に抜くと、それから一気にペースアップ。ドヴィツィオーゾ、ロッシ、ロレンソを次々にパスして16周目に2番手に浮上するとマルケスを追撃した。  「もう少し早くマーベリックを抜いていれば優勝争いのチャンスがあったかも知れない。それが唯一、残念に思うことだが、それでもこうして表彰台に立てて嬉しい。ホームGPで力強いレースが出来たし、自分にとってもチームにとってもいいレースになったと思う」と、雨のレースで14位に終わった前戦サンマリノGPの雪辱を果たし、満面の笑みだった。 これでRepsol Honda Teamは今季3回目の1,2フィニッシュを達成。マルケスは総合首位をキープ。ペドロサも総合5番手から4番手へとランクをひとつあげた。

 予選2番手から16周目までトップを走ったロレンソが、第2戦スペインGP以来、今季2度目の表彰台を獲得した。リアタイヤにソフトを選んだことで、終盤、マルケスとペドロサに抜かれたが、「ソフトを選択したので終盤は厳しいレースになることは覚悟していた。でもいまはこういうレースをするのが自分にとって重要」と今季1番のレースに満面の笑みだった。

 2戦連続今季5回目のPPを獲得したビニャーレスは、「今日はタイヤの選択に本当に悩んだ。結局、(チャンピオン争いをするライバルたちと)同じハードタイヤを選択した。それで前半はなかなかペースを上げられなかったのだが後半はいいペースで走れた」と我慢のレースを振り返った。

 前戦サンマリノGPを怪我のために欠場したロッシが、復帰戦でフロントロー獲得の3番手からレース中盤まで2番手を走って周囲を驚かせた。最終的に5位までポジションを落としたが、「1週間前までレースが出来るかどうかわからなかったことを思えば最高の走りだった。後半は体力的に厳しくなることはわかっていた」と、納得の表情だった。

 以下、A・エスパルガロ(アプリリア)が開幕戦カタールGP以来となる6位でフィニッシュ。総合2位のドヴィツィオーゾは「リアにソフトを選択したことは間違いではないが、なんらかの理由でタイヤのグリップが落ちた」と7位。A・バウティスタ(ドゥカティ)が8位、J・ザルコ(ヤマハ)が9位、P・エスパルガロ(KTM)が10位でフィニッシュ。A・イアンノーネ(スズキ)は12位だった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V 42'06.816 NGK
2 26 ダニ・ペドロサ Repsol Honda Team Honda RC213V +0.879 NGK
3 99 ホルヘ・ロレンソ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 +2.028 NGK
4 25 マーベリック・ビニャーレス Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +5.256 NGK
5 46 バレンティーノ・ロッシ Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +5.882 NGK
6 41 アレイシ・エスパルガロ APRILIA RACING TEAM GRESINI APRILIA RS-GP +6.962  
7 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 +7.455 NGK
8 19 アルバロ・バウティスタ Pull&Bear Aspar Team Ducati Desmosedici GP16 +7.910  
9 5 ヨハン・ザルコ MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +13.002 NGK
10 44 ポル・エスパルガロ RED BULL KTM FACTORY RACING KTM RC16 +14.075  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る