• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • <
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦

ポイントランキング

2017-09-10
第13戦 サンマリノGP

ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ

路面:ウエット、気温:18度、観客:96,324人

マルケス、最終ラップに逆転優勝
ランキングトップに返り咲き

 第13戦サンマリノGPは、今季3回目のウエットコンディションの中で行われ、予選3番手から決勝に挑んだM・マルケス(ホンダ)が今季4勝目を挙げた。マルケスは、D・ペトルッチ(ドゥカティ)、A・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)とトップグループを形成、終始、ペトルッチをマークして2番手につけると、最終ラップ28周目の1コーナーでペトルッチをパス、ファステストラップをマークする快速ラップでペトルッチを突き放しての勝利だった。

 3戦ぶりに優勝したマルケスは、「自分のキャリアの中でもっともうれしいレースのひとつ。今日は難しい路面コンディションだったので、勝負は最終ラップと決めていた。序盤トップを走ったホルヘは素晴らしいペースで走っていたし、ホルヘが転んでからトップに立ったダニーロも本当に速かった。今年のチャンピオン争いはすごい接戦。最終ラップにダニーロを抜いて5ポイントを加算できた。シルバーストーンでリタイヤした後だったので、本当に嬉しい。おまけにアンドレアと同ポイントになりトップに戻ることが出来た」と、チームスタッフと喜びを爆発させた。  前戦イギリスGPでエンジントラブルでノーポイントに終わり総合首位から2番手へダウンしていた。今大会の優勝で今大会3位のドヴィツィオーゾと同ポイントで並び首位奪還。イギリスGPの雪辱を果たした。

 2位にはホームGPに気合満点のペトルッチ、「最後の最後まで100%で走った。最終ラップのマルクは本当に速かった。勝負しようと思ったが着いていけなかった。今日はチャンピオンシップを考えて、ドヴィツィオーゾをヘルプするためにマルクの前でゴールしようと思っていた。それが出来ないと分かったときにドヴィツィオーゾに譲ろうと思ったが、レースでそれは良くないと思った。ドヴィツィオーゾなら自力でチャンピオンを獲れるはず」と、2位に終わった悔しさと、最終ラップの葛藤をコメントした。

 その2人にじりじりと引き離されて3位に終わったドヴィツィオーゾは、「勿論、優勝を目標にしていたが、今日は前を走る二人より速いポイントがひとつもなかった。勝てそうなときはリスクを冒すが、今日はそういう日ではなかった」と着実に走って3位でフィニッシュ。総合2番手にダウンもマルケスと同ポイントで終えた。イタリアGPでは初優勝。今大会3位と、今年は地元ファンの期待に応えるシーズンとなり、大きな拍手が送られていた。

 トップグループの3人には届かなかったが、し烈なセカンドグループを抜け出したM・ビニャーレス(ヤマハ)が4位でフィニッシュ。チャンピオンシップでマルケスとドヴィツィオーゾにやや引き離されるも16点差で総合3番手をキープした。

 ドゥカティのテストライダーでワイルドカードで出場のM・ピロ(ドゥカティ)が5位。そのピロとし烈なバトルを繰り広げたJ・ミラー(ホンダ)が今季ベストタイの6位でフィニッシュ。7位にS・レディング(ドゥカティ)、Moto3、Moto2時代からこのコースを得意とするA・リンス(スズキ)が2戦連続の8位。J・フォルガー(ヤマハ)が9位、B・スミス(KTM)が10位だった。

 予選4番手からチームのホームGPに気合満点のC・クラッチロー(ホンダ)は、序盤トップグループにつけるも転倒を喫し、再スタートを切って13位、総合5位のD・ペドロサ(ホンダ)は、「タイヤがまったく温まらずグリップしなかった」と14位。J・ザルコ(ヤマハ)もペースが上がらず15位に終わった。

 序盤、トップを走ったJ・ロレンソ(ドゥカティ)は、2位以下に4秒以上のリードを築くスピードを見せたが、7周目の4コーナーで転倒を喫しリタイヤに終わった。

 大会前のトレーニング中に右足の脛骨と腓骨を骨折したV・ロッシ(ヤマハ)は、今大会を欠場。総合4位は変わらずも、マルケスとドヴィツィオーゾに42点差をつけられ、総合3番手のビニャーレスにも26点差。今大会14位に終わったペドロサに7点リードをキープするも、ともにチャンピオン争いから一歩後退というレースだった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V 50'41.565 NGK
2 9 ダニロ・ペトルッチ Octo Pramac Yakhnich Ducati Desmosedici GP17 +1.192  
3 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 +11.706 NGK
4 25 マーベリック・ビニャーレス Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +16.559 NGK
5 51 ミケーレ・ピロ Ducati Team Ducati Desmosedici GP15 +19.499 NGK
6 43 ジャック・ミラー Estrella Galicia 0,0 Marc VDS Honda RC213V +24.882 NGK
7 45 スコット・レディング Octo Pramac Yakhnich Ducati Desmosedici GP17 +33.872  
8 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +34.662 NGK
9 94 ジョナス・フォルガー MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +54.082 NGK
10 38 ブラッドリー・スミス RED BULL KTM FACTORY RACING KTM RC16 +57.964  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る