• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • <
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦

ポイントランキング

2017-08-27
第12戦 イギリスGP

シルバーストン サーキット

路面:ドライ、気温:25度、観客:56,008人

ドヴィツィオーゾ、今季4勝目
総合トップに再浮上

 第12戦イギリスGPは、4戦連続6回目のPPを獲得したM・マルケス(ホンダ)と、フロントローに並んだV・ロッシ(ヤマハ)とC・クラッチロー(ホンダ)、2列目のM・ビニャーレス(ヤマハ)とA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)の5台がトップグループを形成、厳しい戦いが繰り広げられた。その中で予選6番手からトップグループの緊迫した戦いの中で着実にポジションを上げたドヴィツィオーゾが18周目に首位に浮上すると20周のレースで真っ先にチェッカーを受けた。

 イタリアGP、カタルーニャGP、そして前戦オーストリアGPと高速サーキットを次々に制覇してきたドヴィツィオーゾは、再び、高速サーキットのシルバーストーンで、ドゥカティのパワーを遺憾なく発揮、ライバルを圧倒した。優勝したドヴィツィオーゾは、「今季4勝目を挙げることが出来た。今日の優勝は、本当に強いということを証明できたし、チャンピオンシップを戦えるということを実感させた。今日はレース戦略もタイヤの選択もすべてがうまくいった。再び、総合首位に立つことが出来て本当に嬉しい」と喜びを爆発させた。  序盤は、好スタートを切ったロッシが後方にややリードを広げて快走する。しかし、ドヴィツィオーゾ、ビニャーレス、マルケス、クラッチローがポジションを入れ替えながらロッシとの差をつめていく。そしてレース中盤にはロッシに追いつき5台のグループへと変化していく。しかし、タイヤに厳しいレース。ロッシを先頭に5台が牽制しあいながらレースを進んでいったが、その中で「タイヤのマネージメントに成功した」というドヴィツィオーゾがロッシを抜いてトップに浮上。続いて2番手に浮上して猛追撃してきたビニャーレスをも振り切った。  これまでドヴィツィオーゾはシーズン1勝のシーズンが2回だけ。それが今大会でシーズン4勝目を挙げる大ブレイク。その要因についてドヴィツィオーゾは、「バイクが40%。自分の成長が60%」と、マシンの進化だけではなく、自身が得た大きな自信が結果につながっていることをコメントした。

 2位にはビニャーレスで、「難しいレースになったが、なんとか最後までコントロールすることが出来た。今大会前に行ったミサノのテストで大きな成果を得られたし、それが結果につながった。今日は序盤から行こうと思ったが、タイヤに厳しいサーキットなので、タイヤをセーブすることを考えた。優勝は出来なかったが、本来の強さを取り戻せたと思う。次は、積極的に行きたい」と、優勝して総合首位に浮上のドヴィツィオーゾに13点差とややリードを広げられるも今大会リタイヤのマルケスに4点差に迫ることに成功した。

 3位にはレースの大半をリードしたロッシ。終盤はリアタイヤの消耗で3位キープの作戦となったが、MotoGP300戦目を表彰台で飾り満面の笑み。「17周目まで本当に楽しい走りが出来た。MotoGP300戦目を表彰台で祝うことが出来て嬉しい。次戦のサンマリノGPは優勝を目指したい」と総合4位は変わらずも、ドヴィツィオーゾと26点差の総合4位をキープ。「これからの戦いが楽しみ」と逆転に気合を入れた。

 4位にはクラッチローで、「トップグループに加わるも、ついていくのがやっとだった。フロントタイヤが柔らか過ぎて、そのために終盤はリアタイヤの消耗にも苦しんだ。ホームGPだったし優勝争いをしたかった。フラストレーションがたまるレースだった」と2年連続の表彰台を逃し、悔しそうだった。

 5位にはJ・ロレンソ(ドゥカティ)。J・ザルコ(ヤマハ)とD・ペドロサ(ホンダ)との戦いをバトルし、6位にザルコが僅差で続いた。その二人とバトルをしたペドロサは、シルバーストーンのバンピーな路面に苦しみ、予選7番手から7位だった。 ホームGPに気合満点のS・レディング(ドゥカティ)が8位。予選13番手のA・リンス(スズキ)がベストリザルトの9位。A・バウティスタ(ドゥカティ)が10位でフィニッシュした。

 表彰台に立った3人とバトルを繰り広げたマルケスは、3番手を走行していた14周目の7コーナーでエンジントラブルのためにストップ。ノーポイントに終わり、総合首位から2位へどダウンした。「今日はいいレースが出来ていたし、タイヤもセーブしていた。本当に残念。エンジントラブルでリタイヤはホンダで初めてのこと。でもレースだから起こりえること。ノーポイントでもまだ総合2位。気持ちを切り替えたい」と巻き返しに気合を入れた。

 ウォームアップで転倒したJ・フォルガー(ヤマハ)が欠場。22台で決勝は行われた。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 40'45.496 NGK
2 25 マーベリック・ビニャーレス Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +0.114 NGK
3 46 バレンティーノ・ロッシ Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +0.749 NGK
4 35 カル・クラッチロー LCR Honda Honda RC213V +1.679 NGK
5 99 ホルヘ・ロレンソ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 +3.508 NGK
6 5 ヨハン・ザルコ MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +7.001 NGK
7 26 ダニ・ペドロサ Repsol Honda Team Honda RC213V +10.944 NGK
8 45 スコット・レディング Octo Pramac Yakhnich Ducati Desmosedici GP17 +13.627  
9 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +15.661 NGK
10 19 アルバロ・バウティスタ Pull&Bear Aspar Team Ducati Desmosedici GP16 +25.279  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る