• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • <
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦

ポイントランキング

2017-08-13
第11戦 オーストリアGP

レッドブルリンク

路面:ドライ、気温:23度、観客:90,411人

ドヴィツィオーゾ 、バトルを制し
今季3勝目

 チェコGPから2連戦となった第11戦オーストリアGPは、予選2番手のA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)と3戦連続今季5回目のPPを獲得したM・マルケス(ホンダ)の一騎打ちとなり、終盤、積極的に前に出たドヴィツィオーゾが4戦ぶりに優勝した。

 ドヴィツィオーゾは、前戦チェコGPでJ・ロレンソが実戦投入した新型カウルを今大会から投入。フリー走行、予選と新型カウルの効果を実感していたが、決勝でも新型カウルのアドバンテージを生かし、マルケスの追撃を振り切った。  「今日はタイヤの選択が難しいレースだった。リアにソフトを選んだが、結果的に正解だった。ただ、二つある左コーナーでマルクがとても速くて、それまでのアドバンテージを一気に縮めてきた。それでなかなか引き離せなかったが、最終コーナーを守り切ることに成功した。すごく嬉しい。最高の気分だよ」と満面の笑みだった。  前戦チェコGPでドゥカティが投入の新型カウルは、禁止になったウィングレットと同じ効果を発揮するもの。エンジンパワーに定評あるドゥカティのスピードに拍車を掛け、コーナーで追いつかれてもストレートで引き離すというものだった。新兵器を追い風に今季3勝目を挙げたドヴィツィオーゾは、再び、総合2位に浮上。マルケスとの差を21点から16点へと縮めた。  これでドゥカティは、レッドブル・リンクで2連勝。高速サーキットとの相性の良さを遺憾なく発揮した。

 そのドヴィツィオーゾに一歩及ばず、2位に終わったマルケスは、「今日はすべての力を出し切ったが、ドヴィツィオーゾの方がわずかに上回っていた。パスするのが難しかった。今日は二つの左コーナーでアドバンテージがあったが、その他は苦しかった。ドヴィツィオーゾはソフトタイヤを選び、中盤までの混戦の中でタイヤをセーブしているのがわかった。勝てなかったが、チャンピオンシップを考えれば貴重な20点を獲得した。フロント・ミディアム、リア・ハードの選択も良かった」と、総合首位をキープして納得の表情だった。

 予選8番手から追い上げたD・ペドロサ(ホンダ)が3戦連続3位でフィニッシュした。今大会はフリー走行、予選と苦しみ、決勝レースでもフルタンクのコントロールに苦しんだが、燃料タンクが軽くなるにつれてペースアップ。終盤はマルケスとドビツィオーゾの優勝争いの背後に迫ったが、タイヤの消耗のため追い上げもそこまでだった。「フリー走行、予選、そして決勝の序盤と苦しかったが、こうして表彰台に立てて嬉しい。チームに感謝したい」と笑み。総合5位は変わらずも、総合4位のV・ロッシ(ヤマハ)に2点差、総合3位のM・ビニャーレス(ヤマハ)との差を11点へと縮めることに成功。チャンピオン争いに完全に復活した。

 今季2回目のフロントロー3番手から序盤をレースをリードしたロレンソが4位。「スタートから11周目までトップを走ることが出来た。その後、タイヤの消耗などでペースを落としたが、今年になって最高のレースだった。新型カウルは自分のライディングに合っているし、自分のライディングを助けてくれる。自分の走りが少しずつもどってきている」と復調をアピールした。

 5位にJ・ザルコ(ヤマハ)で今大会も前後にソフトタイヤをチョイス。フロント・ミディアム、リアにハードを選択したビニャーレスとロッシに先行、ヤマハ勢トップでフィニッシュした。ザルコは「今日はタイヤ選択に迷ったが、最終的にソフトを選んだ。終盤、グリップが多少落ちたが、タイヤの選択は良かったと思う。今日はとても良い日曜日になった」と満面の笑みだった。対照的に好スタートを切ってトップグループに加わったビニャーレスはペースを落とし6位、ロッシも7位に終わり、厳しい表情だった。

 以下、A・バウティスタ(ドゥカティ)、L・バズ(ドゥカティ)、ワイルドカードで出場のM・カリオ(KTM)が10位でフィニッシュ。昨年、ドゥカティで優勝したA・イアンノーネ(スズキ)が11位でフィニッシュした。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 39'43.323 NGK
2 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V +0.176 NGK
3 26 ダニ・ペドロサ Repsol Honda Team Honda RC213V +2.661 NGK
4 99 ホルヘ・ロレンソ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 +6.663 NGK
5 5 ヨハン・ザルコ MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +7.262 NGK
6 25 マーベリック・ビニャーレス Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +7.447 NGK
7 46 バレンティーノ・ロッシ Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +8.995 NGK
8 19 アルバロ・バウティスタ Pull&Bear Aspar Team Ducati Desmosedici GP16 +14.515  
9 76 ロリス・バズ Avintia Racing Ducati Desmosedici GP16 +19.620  
10 36 ミカ・カリオ RED BULL KTM FACTORY RACING KTM RC16 +19.766  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る