• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦

ポイントランキング

2017-07-02
第9戦 ドイツGP

ザクセンリンクサーキット

路面:ドライ、気温:18度、観客:77,343人

マルケス、ポールtoウイン
ランキングトップへ

 シーズン前半戦の締めくくりとなる第9戦ドイツGPは、今季3回目のPPを獲得したM・マルケス(ホンダ)が今季2勝目を達成した。  序盤、快調にラップを刻んだマルケスがトップを走る。その後、6周目に予選5番手からマルケスを追撃したJ・フォルガー(ヤマハ)が首位に立った。しかし、ともにタイヤをセーブする作戦。互いに牽制し合う戦いとなったが、後続との差を考慮したマルケスが11周目に首位を奪還するとペースアップし、ファルガーとのマッチレースに持ち込み、そのままチェッカーを受けた。

 第3戦アメリカズGP以来、6戦ぶりの優勝に喜びを爆発させたマルケス。ザクセンリンクのドイツGPでは、MotoGPクラス5連勝、125cc、Moto2時代を含め2010年から8年連続ポールtoウインという快挙達成となった。  左回り。ブラインドコーナーが多いチャレンジングなコース。マルケスが得意とするレイアウトで、断続的に雨が降ったフリー走行と予選では、ウエット・ドライともにライバルを圧倒。ドライコンディションでスタートした決勝も、圧倒的な強さを見せた。  フォルガーとの接戦を制したマルケスは、「今日はダニとの戦いになると思っていた。それがジョナスが突然抜いてきたから驚いた。ザクセンリンクは、自分にとってもチャンピオンシップにとっても大事なレース。チャンスがあればリスクを冒しても勝ちたいと思った。今日は戦略通りの走りが出来た。すごく嬉しい。この優勝を事故で亡くなったニッキーと家族に捧げたい」と、レプソル・ホンダで06年にチャンピオンになった元チャンピオンのN・ヘイデンに勝利を捧げた。

 そのマルケスを最後まで苦しめたフォルガーが、ホームGPで初表彰台獲得の2位でフィニッシュした。「今日は最後までマルクと走れると思った。だから後ろに下がってタイヤをセーブすることにし、最終ラップに勝負しようと思った。しかし、ラスト2周でミスをして遅れてしまった。これで優勝のチャンスは遠ざかったが、ホームGPで表彰台に立てて嬉しい」と満面お笑み。観客席から大きな歓声と拍手が送られた。  今年はウインターテストから好調で注目を集めたフォルガーだが、シーズンが始まってからはチームメートのJ・ザルコ(ヤマハ)の活躍の陰に隠れていた。その悔しさを晴らす今季初表彰台となった。

 予選3番手から序盤、マルケスを追撃して3番手を走行したD・ペドロサ(ホンダ)が3位でフィニッシュ。「序盤はマルクの後ろでいい走りが出来ていた。しかし、リアタイヤの滑りが激しく、特に左側のコントロールが難しく前の二人に遅れた。そのときに今日は3位でフィニッシュしようと作戦を変更した」と、後続との差を見ながら、しっかりと3位でチェッカーを受けた。

 4位にはM・ビニャーレス(ヤマハ)で、11番手グリッドからオープニングラップ10番手と混戦にもまれたが、着実にポジションを上げて20周目にはセカンドグループのトップへ。それからはV・ロッシ(ヤマハ)を従えて走り切った。雨の予選で苦戦、2戦連続ワーストグリッドとなる11番手からスタートしたビニャーレスは、「11番手から4番手まで上がれた。厳しい戦いだったが良いレースが出来た」と手応えをアピールした。ロッシも5位でフィニッシュ。総合首位だったA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)は8位と苦戦するも、ランキング上位の選手がチャンピオンシップにしっかり生き残った。

 9戦を終えて、今大会優勝のマルケスが総合4位から1位に浮上。以下、ビニャーレス、ドヴィツィオーゾ、ロッシの4位までが10点差の大接戦。今大会3位で総合5位のペドロサまでが26点という激しい戦いとなった。

 6位にはA・バウティスタ(ドゥカティ)。7位にA・エスパルガロ(アプリリア)。8位・ドヴィツィオーゾ、9位には、今大会転倒が続いたザルコ。予選4番手のC・クラッチロー(ホンダ)は、タイヤのグリップ不足に苦しんで10位だった。  11位にJ・ロレンソ(ドゥカティ)。3戦連続フロントロー獲得のD・ペトルッチ(ドゥカティ)は接触で遅れて12位でレースを終えた。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V 40'59.525 NGK
2 94 ジョナス・フォルガー MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +3.310 NGK
3 26 ダニ・ペドロサ Repsol Honda Team Honda RC213V +11.546 NGK
4 25 マーベリック・ビニャーレス Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +14.253 NGK
5 46 バレンティーノ・ロッシ Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +14.980 NGK
6 19 アルバロ・バウティスタ Pull&Bear Aspar Team Ducati Desmosedici GP16 +16.534  
7 41 アレイシ・エスパルガロ APRILIA RACING TEAM GRESINI APRILIA RS-GP +19.736  
8 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 +20.188 NGK
9 5 ヨハン・ザルコ MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +21.138 NGK
10 35 カル・クラッチロー LCR Honda Honda RC213V +24.210 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る