• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦

ポイントランキング

2017-06-25
第8戦 オランダGP

アッセンサーキット

路面:ウェット、気温:18度、観客:105,000人

ロッシ、フラッグ to フラッグを制し
今季初優勝

 第8戦オランダGPは、今季初の”フラッグ・トゥ・フラッグ”となり、スタートからトップグループに加わったV・ロッシ(ヤマハ)が今季初優勝を達成した。

 レース前半は、初PPを獲得したJ・ザルコ(ヤマハ)が首位を快走、M・マルケス(ホンダ)、ロッシ、D・ペトルッチ(ドゥカティ)がザルコを追走し、この4人がトップグループを形成した。  レース中盤になるとペースを上げたロッシが、マルケス、ザルコを交わしトップへ。レース折り返し点を過ぎた16周目には、ロッシを追うようにペトルッチが2番手へとポジションを上げる。そして、この頃から断続的に雨が落ち始め、今季初の”フラッグ・トゥ・フラッグ”となった。  雨量は少ないが微妙なコンディション。この微妙なコンディションにややペースを落としたマルケスとザルコ。一方、ロッシとペトルッチは、何度かポジションを入れ替えながら後続にリードを広げ、優勝争いはロッシとペトルッチに絞られた。これまでアッセンで9度の優勝を経験しているロッシはペトルッチの追撃を振り切って、アッセンでの最高峰クラス8勝目、通算10勝目を達成した。

 ロッシは、「ダニーロとのバトルは厳しかった。昨年のカタルーニャGP以来、ここまで優勝がなかったし、何度も優勝のチャンスを逃していた。だから、どうしても勝ちたかった」と喜びを爆発させた。これでグランプリ通算115勝目を達成。ランキングでも総合6位から3位に浮上。今大会5位になり総合首位に浮上のA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)に7点差、今大会転倒ノーポイントに終わったチームメートのM・ビニャーレス(ヤマハ)に3点差に迫った。  「それにしても、これほどオープンになったチャンピオンシップは記憶にない。ストーナーとロレンソのときは3台。今年はドゥカティとホンダ、ヤマハ2台の4人。この4人の差が11点。これから先何が起きるかわからないし、あまり喜べないけどね」と語るも、チャンピオンシップが再び振り出しに戻り、闘志を漲らせていた。

 2位にはペトルッチ。2戦ぶり今季2回目の表彰台を獲得した。第6戦イタリアGPで今季初表彰台となる3位。これで勢いに乗ったペトルッチは、第7戦カタルーニャGP、第8戦オランダGPで2戦連続フロントローを獲得していた。  「バレンティーノといい勝負が出来たと思う。ラスト2周は、周回遅れにひっかかってバレに離されてしまった。今日は路面が乾いているのか濡れているの解りにくかったがそういう中でバレは速かった」と今季2回目の表彰台を喜ぶも、初優勝をあと一歩で逃し、悔しそうだった。

 その二人との戦いを回避したマルケスが3位。「こういうコンディションでは何が起きるかわからない。ポイントを多く獲得できることもあるし、そうでないこともある。今日はチャンピオンシップを考えて、確実に走ることにした」と”フラッグ・トゥ・フラッグ”になってから追い上げてきたドヴィツィオーゾとC・クラッチロー(ホンダ)との戦いを制した。これでマルケスは、総合3位から4位へランクを下げるも、首位のドヴィツィオーゾに11点差に迫り、4人のチャンピオン争いにしっかりと加わった。

 序盤ペースが上がらなかったクラッチローが、着実に追い上げ、最後は3位争いに加わって4位。イタリア、カタルーニャと2連勝を達成、総合首位のドヴィツィオーゾが5位。予選13番手からドライコンディションではD・ペドロサ(ホンダ)とバトルを繰り広げ、”フラッグ・トゥ・フラッグ”になってから一気にペースを上げたJ・ミラー(ホンダ)が今季ベストの6位でチェッカーを受けた。

 K・アブラハム(ドゥカティ)が7位、L・バズ(ドゥカティ)が8位、A・イアンノーネ(スズキ)が9位。7位争いを繰り広げたこの3選手は、ともに今季ベストリザルトでレースを終えた。  ウエットコンディションの予選で12番手に沈んだペドロサは、”フラッグ・トゥ・フラッグ”でペースがあがらず13位。前半トップを快走したザルコは、”フラッグ・トゥ・フラッグ”でマシンチェンジを行い、これが裏目に出て14位。J・ロレンソ(ドゥカティ)もマシンを乗り換えて15位だった。5戦ぶりに怪我から復帰したA・リンス(スズキ)は、マシンを乗り換えて完走17位だった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 46 バレンティーノ・ロッシ Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 41'41.149 NGK
2 9 ダニロ・ペトルッチ Octo Pramac Racing Ducati Desmosedici GP17 +0.063  
3 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V +5.201 NGK
4 35 カル・クラッチロー LCR Honda Honda RC213V +5.243 NGK
5 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 +5.327 NGK
6 43 ジャック・ミラー Estrella Galicia 0,0 Marc VDS Honda RC213V +23.390 NGK
7 17 カレル・アブラハム Pull&Bear Aspar Team Ducati Desmosedici GP16 +36.982  
8 76 ロリス・バズ Avintia Racing Ducati Desmosedici GP16 +37.058  
9 29 アンドレア・イアンノーネ Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +37.166 NGK
10 41 アレイシ・エスパルガロ APRILIA RACING TEAM GRESINI APRILIA RS-GP +1'01.929  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る